銭太鼓登場!

(2008.5.24)
唐崎地区でボランティア活動をしている皆様で結成された「銭太鼓」の演奏グループに来て頂きました。
このメンバーには毎週水曜日、唐崎デイサービスで行なわれている「ふれあいサロン・であい」でいつもお世話になっているボランティアさんでもあります。
まずは、「花笠音頭」による演目です。
「銭太鼓」というものは筒状のバチの中に五円玉を12個とりつけ、演奏すると硬貨同士が当たり、軽快な音を出します。
五円玉の数は、12ヶ月を表し、一年の幸せを呼ぶという言い伝えがあります。
続いて同じ「花笠音頭」による立ち踊りです。
衣装やバチなどもボランティアさんの手作りです。
出愛荘の入居者さんや職員も「銭太鼓とは何ぞや?」と、わからず、初めて演目を見ました。
第二幕目が始まる合間の一コマです。
ボランティアの人達も「ふれあいサロン」での顔馴染みの方もいて、和気あいあいでした。
二幕目の「新門辰五郎」の火消しの踊りです。

いよっ、日本一!


本当にありがとうございました。